中3 卒業探究ポスターセッション 中3 卒業探究ポスターセッション

中3は、中等科3年間の締めくくりとして、卒業探究のポスターセッションを実施しました。

コロナ禍で準備期間が十分にとれない中でも、各自が設定したテーマに基づき、独自の視点で探究を深め、聴衆を惹きつけるよう工夫の凝らした発表が多くみられました。

 

第53回校内弁論大会 第53回校内弁論大会

新聞部主催の弁論大会が、開催されました。新型コロナ感染防止のため、一堂に会しての実施ではなく、オンラインを利用しての実施となりました。中1から高2までの代表者10名と今年度の全国高等学校生徒英作文コンテスト優秀賞受賞者がホールで発表を行いました。

どの出場者も社会問題を自分の体験に引きつけて考え、自分なりの意見を展開していたのが印象的でした。今年度のテーマは「境界」と「恒常性」でしたが、テーマについて新しい切り口でアプローチしたものもあり、一人ひとりの個性や生き方がみられる興味深い弁論でした。閉会の挨拶をした新聞部部長が「弁論の素晴らしさを感じた」と述べた通りの見事な弁論でした。

出場者と題名、審査結果(発表順)

高等科1年 M.O 「『一体感』はどこから生まれる?」 第3位

中等科1年 R.H 「世界の平和」

高等科2年 H.D 「書を捨てるな、世界を見よう」 第2位

中等科2年 S.I 「自由とわがままの境界」

中等科3年 T.M 「性別から考える多様性」

高等科1年 S. S     「見えないホームレス 家に住めない若者たち」 第1位

中等科1年 H.Y  「私と他の人との境界線」

高等科2年 M.M 「地球のためと言うな」 第3位

中等科2年 K.O 「いじめといじりの境界」

中等科3年 N.M   「心の境界線」

特別発表

高等科2年   A.T 「My school life during the Covid-19 pandemic」

 

クリスマス会 クリスマス会

校内クリスマス会が、昨年に引き続いてオンラインを併用しながら実施されました。

第一部では、合唱発表会が行われ、各学年がこれまでの練習の成果をメルセダリアンホールで披露しました。全校生徒が一堂に会することはできませんでしたが、ライブ配信で臨場感を感じることができました。

第二部では、中三が、倫理・公民の授業でグループ研究した内容を動画にまとめたものを聴きました。「エンパシー」―自分と異なる価値観を持つ人の立場に立って考えること—。それが今求められる力であり、「もし私が~される立場だったらどう感じるか?」と考えることから、相手への共感が生まれ、相手を理解することに繋がるという内容でした。皆が親しめるように、イラストを使ったり、身近な例を挙げたりして工夫された見事な発表でした。

クリスマスの意味を考える、聖書研究グループの動画も分かり易いもので、好評でした。2021年を締めくくるにふさわしいクリスマス会になりました。

 

 

 

 

高2 進学ガイダンス 高2 進学ガイダンス

高2では、11月27日(土)に、大学在学中の卒業生による進学ガイダンスを開催しました。生徒たちは、大学受験の体験談や在学時の勉強方法、大学の様子等について熱心に質問をして、先輩の話に聞き入っていました。参加した生徒からは、「在学中の勉強法や、モチベーションを保つための秘訣を聞くことができ、大変参考になった」等の感想がありました。

ボランティア部クリスマスカード作り ボランティア部クリスマスカード作り

メルセス会フィリピン奨学金制度に参加し、いつも「もうひとりの友」に思いを馳せています。

今年も、フィリピンへのクリスマスカードをしたためる時節となりました。

海の向こう、そして同じ空の下の皆さまに読んでいただける日が楽しみです。

親睦会 ・光塩90周年特別企画 オンライン講演会 親睦会 ・光塩90周年特別企画 オンライン講演会

「Women for Others~変わる光塩 変わらない光塩~」のタイトルで、4人の卒業生が、今、在校生に伝えたいことを述べる講演会が行われました。

年代も職業も異なる4人が光塩生として学んだ過去を振り返り、光塩で培われたことへの感謝を真摯に伝えていたのが印象的でした。4人が共通して述べていたのは、中高生時代は、幅広く学んで様々な情報を得る、興味をもったことにチャレンジする、学校行事もクラブもとことんやるということです。それが、思いがけない形で将来に繋がることがあると強調していました。

今後の光塩生に期待することとしては、在校生は学校の外に出ても光塩生として見られ、光塩の看板を背負っていることを心に留めて日々を過ごしてほしいということです。歴代の先輩方が築いてきたものを守りつつも、アイデンティティを大切にしてもらいたいとのメッセージもありました。

講演後の質疑応答では高校生も中学生も積極的に質問し、先輩のお話への関心の高さが窺えました。光塩の90周年記念にふさわしい企画でした。

 

2021年度親睦会 2021年度親睦会

今年の親睦会も一般公開はせず、来場者を在校生の保護者と初等科生に限定して行われましたが、生徒たちの手作り感があふれ、来場者はもとより企画した生徒たちも一緒に楽しめる催しとなりました。例年のように食品類を販売しておもてなしできない中、クラス単位で話し合って企画したゲームは、大好評。例年初等科生が楽しみにしているキャンディーつかみやヨーヨーつりに加えてボール投げ、ボーリング、もぐらたたきなど様々なコーナーを縁日と称して設置。また「秋祭り」のコーナーではスーパーボールすくい、射的、ひもくじを実施。校内にちりばめたヒントを元に謎を解く高尚なゲームも登場。オーソドックスなお化け屋敷もあれば、廃校をテーマにした新感覚のお化け屋敷もあり、子供から大人までが楽しめるコーナーがたくさんありました。これまでになかったバルーンアートのお店やチェキの撮影ができる部屋もあり、限られたスペースと時間の中でお客様を笑顔にしようと意気込む生徒たちの熱い思いが伝わる催しでした。中間試験が終わってすぐに準備に取り掛かり、お互いにアイデアを出し合って行った企画を通して、生徒たちは他者のために働くことへの喜びと、皆で協力することの大切さ、やればできるという自信を得たのではないかと思います。

高2 京都・奈良探究活動 高2 京都・奈良探究活動

高2では、10月に予定していた京都・奈良への修学旅行の代替行事として、京都・奈良に関する探究活動や体験講座を実施しました。

1日目
1学期から、京都・奈良に関して事前に探究した内容を、グループに分かれて発表しあいました。テーマも発表方法も様々で、自分の学びが深まるのはもちろん、ほかの人の発表を見て視野を広げることもできました。

 

 

後半は、360度映像を使って、京都・奈良の名所の見学を疑似体験しました。臨場感あふれる映像で、大仏の大きさや、トロッコ列車からの景色の美しさを堪能しました。

 

 

 

2日目
金銀糸、京房紐、型友禅という3つの伝統工芸の中から1つを選び、オンラインでつながった職人さんのお手本を見て、質問も交えながら真剣に製作しました。

「金銀糸」を使ったブレスレット

「京房紐」のストラップを製作中

「型友禅」で絵に色をつけてタンブラーに

 

 

 

 

 

 

その後、京都の舞妓さんとのオンライン交流では、京舞を2曲鑑賞し、舞妓さんに関するクイズに挑戦しました。優美な身のこなしや繊細な京言葉など、現代に息づく伝統芸能の一端に触れるひとときとなりました。

 

 

教室を映像でつないで実施した旅行委員企画

3日目

ここまでの2日間に学んだことを振り返り、さらに自分が知りたいと思ったことを調べ、考える活動を行いました。各自が「京都半日プラン」と題したオリジナルの旅行計画を立て、修学旅行のより具体的なイメージをふくらませました。
最後に、体育祭応援団や旅行委員による企画を楽しみ、みんなで一緒に過ごすことで、あらためて学年の絆を確認しました。

中3 東北探究 中3 東北探究

中3では、10月に予定していた東北への修学旅行の代替行事として、10月4日(月)~6日(水)に東北探究を行いました。

1日目  弘前探究プログラム:興味を持った分野について、現地の弘前の方々からオンラインでお話をうかがいました。
    『るるぶ』特別授業 表現力講座:購読者に興味をもってもらうためのリサーチ力・表現力を学びました。

2日目 震災講話:震災伝承と防災学習のための施設「いのちをつなぐ未来館」の方よりオンラインでお話をうかがいました。
    防災学習:防災バックの中身として、現在必要なもの・20年後の未来に必要になるものを考えました。

3日目 まとめのプレゼンテーション作りと発表
    レクリエーション

生徒たちは、普段の学校生活と違うプログラムに熱心に取り組んでいました。最終日は、旅行委員が工夫を凝らして企画したレクリエーションに参加し、クラスの垣根を越えて交流を深めていました。

弘前探究プログラム

『るるぶ』特別授業

プレゼンテーション発表

プレゼンテーション発表

レクリエーション

お弁当・お土産

創立90周年記念ミサ 創立90周年記念ミサ

9月22日、創立90周年記念ミサをメルセダリアンホールにおいて捧げました。新型コロナウイルス感染症感染防止のため、皆様に広く御声掛けすることは叶わず、メルセス会のシスター方、学園役員やふじなみ会(同窓会)役員、そして創立時から御縁を戴いている聖心学園の先生方に来賓として御臨席戴き、カトリック信者以外の初等科児童・中高等科生徒・教職員は、ライブ配信を通してミサに与りました。パイプオルガンの演奏に始まり、理事長挨拶、森司教の入堂と続きました。「過去に感謝、今に誠実に、未来に希望を。」これは、記念ミサでの森司教のお言葉です。創立者マドレ・マルガリタが来日し、日本の子供たちのために教育の場を作られたことに感謝するとともに、今を生きる私たちは誠実にこの一瞬一瞬を生きていくことが肝要であると、お話しされました。「未来に希望を」は、未来を担う子供に光を吹き込み、光の子として育てること―それが、他者へ希望の光を与えるというお話で、光塩の校名の由来に繋がる、分かり易いお話しでした。ミサの中での聖歌隊の歌、音楽科教員による演奏は、いずれも晴れの場にふさわしく、音楽の力を再認識させるものでした。閉祭の歌としては、「み母マリア」が歌われ、マリア様が光塩の未来に温かなまなざしを注いでおられるのが感じられました。中・高等科校長による終わりの言葉の後、パイプオルガンとピアノとで演奏された「ハレルヤコーラス」は荘厳かつ華麗で、光ある厳かな雰囲気の中、皆心一つに、神様に賛美と感謝の祈りを捧げました。

森司教の入堂

ご聖体拝領の様子

佐野校長の終わりの言葉