中3修学旅行3日目 中3修学旅行3日目

修学旅行3日目は、日中は穏やかな秋らしい気候に恵まれる中、十和田湖周辺を散策しました。
ホテルでは生徒が企画したレクリエーションで盛り上がりました。

十和田湖遊覧船

きりたんぽ作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高2修学旅行2日目 高2修学旅行2日目

日本最初の世界文化遺産である法隆寺を訪ね、その歴史を感じるとともに、玉虫厨子に描かれたお釈迦様のお話にも心を打たれました。

午後は奈良公園で班別研修を行い、東大寺では大仏に、興福寺では阿修羅像に出会い、仏像と対峙する中で畏敬の念を抱きました。

また奈良らしく、鹿と戯れる班もたくさんありました。

二月堂

奈良公園の鹿

高2修学旅行出発 高2修学旅行出発

高2は、京都、奈良への修学旅行に来ています。

雨の予報は当たらず、気持ちよい秋の奈良を楽しみ、お寺や仏像についての知識も深まりました。

 

浄瑠璃寺

 

中3修学旅行2日目 中3修学旅行2日目

中等科3年生の修学旅行2日目は、過ごしやすい天候の中、三内丸山遺跡を巡ったり、りんご狩りを体験したりしました。

三内丸山遺跡

りんご農園

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中3修学旅行出発 中3修学旅行出発

中等科3年生は、修学旅行で東北に出発しました。
生徒たちは青空のもとお寺を拝観し、ホテルでは郷土芸能の鑑賞や東日本大震災のお話をうかがいました。

毛越寺

中尊寺

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

体育祭 体育祭

今年も所沢市民体育館で体育祭が開催されました。中1から高3までが同じ土俵で競い合う、学年対抗の行事です。年を重ねるごとに競技も応援も上手になっていくという成長の過程が見られ、学年の結束も強まります。特に学年ごとに作り上げる応援合戦は、同学年の協力が不可欠。今年も甲乙つけ難い見事な応援が展開されました。体育祭のラストでは、世界平和を願ってパックスクリスティの頭文字であるPXの人文字が描かれ、皆で平和の祈りを唱えました。

優勝した高3の応援

準優勝高2の応援

ボール送りの競技「メデシンボール」

PXの人文字

 

中1山荘生活 中1山荘生活

長引く梅雨に天候が心配された山荘生活でしたが、エネルギッシュな中1のパワーが勝って、A班・B班とも登山に出かけることができました。よく遊び、よく食べ、元気いっぱいで、ごはんやパンのお替りが足りなくなるほどでした。雨が降っていないときは山荘の庭でバレーボールや大繩跳び、雨が降っているときは室内で卓球やお手玉をするなど、山荘生活を心から楽しんでいる様子が窺えました。クラスを越えた班で行動したため、これまで話す機会のなかった人とも交流することができ、交友関係を広げるきっかけになったようです。団体生活にも慣れ、自然にも親しみ、多くを学んだ山荘生活は、二学期にむけての糧になることでしょう。

山荘の庭に整列

中尾根での休憩

おにぎりおいしい!

 
 
 
 
 
 

オープンスクール報告 オープンスクール報告

夏休みに入ってすぐに行われたオープンスクールでは、例年の生徒によるミニツアーに、校内何カ所かに置かれているシールを集めて迷路を完成させるというシールラリーが加わり、好評を博しました。各クラブも来校者に楽しんでいただけるように工夫しました。体験型のクラブが特に人気で、来校者が楽しんで参加する姿が見られました。また、生徒によるミニ説明会では、生徒が自分たちで考えて作ったスライドを使ってわかりやすく「光塩女子学院」を紹介していました。暑い中、ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

人形劇部の発表

理科体験授業

生徒によるミニ説明会

 
 
 
 
 
 

オープンスクール オープンスクール

オープンスクールで実施いたしましたシールラリーの完成形はこちらです。
ご参加ありがとうございました。

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドマナーズ週間 グッドマナーズ週間

生活委員会では6月下旬に「グッドマナーズ週間」を実施しました。

校舎の吹き抜けには「GOOD MANNERS」の文字の横断幕が掲げられ、委員たちが考案した標語のポスターが校内を飾ります。校門前では、委員たちが登校中の生徒たちに元気な挨拶でよびかけました。

委員会の実行役員からのメッセージです:「皆さんは普段から挨拶をしたり、身だしなみに気を遣うことができていますか。一人一人が良いマナーを意識することで学院全体の雰囲気が良くなります。挨拶をすることで相手と心を通い合わせることができ、時には互いに心を開き合う第一歩となることでしょう。」