TBSラジオから取材を受けました! TBSラジオから取材を受けました!

TBSラジオ「TOMAS presents High School a Go Go!!」から光塩女子学院が取材を受けました。
以下の日程で放送されます。

  • 10月17日(月)午後9時~9時半 「ダンス部」編
  • 10月24日(月)午後9時~9時半 「学校生活」編

マッチ先生が贈る今月の一句 10月 マッチ先生が贈る今月の一句 10月

「おはようと笑顔で言えるありがたさ」

 体育祭、修学旅行など2学期前半の学校行事が終了し、11月の親睦会までは、しばらく通常の学校生活が続きます。9月、10月の連休も終わってしまったし、つまらないなと思っていませんか?

確かにありきたりの日常は、ちょっぴりくすんで見えるかもしれません。でも、意識せずに過ごしていた日常生活の中にも喜びがつまっています。

たとえば、朝目覚めて鳥の囀りを耳にすること。学校へ通う道で、「おはよう」と挨拶を交わすこと。食事がおいしく食べられること。雨音を聞きながら好きな本を読むこと。好きなアーティストの曲を聴くことー⋯

以前読んだ本の中に、「一日の終わりに今日あったことを振り返り、感謝したいことをみつけて書き出す習慣をつけるとよい」と書いてありました。忙しさにかまけてついつい怠ってしまいますが、実際に実行してみると、意外にたくさんみつかるものです。

晴れの日はもちろん雨の日も、感謝できることをみつけていきましょう。

中3修学旅行 中3修学旅行

中等科3年生は、2泊3日で岩手・秋田・青森の3県を巡る修学旅行を無事に終え、帰京しました。

1日目は、奥州藤原氏ゆかりの中尊寺を見学し、さらに郷土が生んだ作家宮沢賢治記念館・童話村を訪ねました。夜は、郷土料理に舌鼓を打ち、郷土芸能「鹿踊り」「鬼剣舞」を鑑賞しました。

2日目は、あいにくの雨でしたが、青森「深」探究スタディーツアーに参加し、事前に決めた4つのテーマに分かれ、それぞれ探究を深めました。

4つのツアーは次の通りです。

①弘前ねぷたまつりから地域における祭りの価値を考えるツアー

②りんご産業全体の可能性や未来を考えるツアー

③高齢化の観光地を盛り上げるまち育て活動から地域活性化を考えるツアー

④現代の伝統工芸「こぎん刺し」体験からビジネスの可能性を考えるツアー

ツアー後は、みな再集合し、大雨の中レインコートを着て、りんごのもぎ取り体験をしました。

最終日は小岩井農場に行きました。肌寒い雨空のもとでのスタートでしたが、農場に到着するころには雨も上がりました。バスごと入れるバックヤードツアーに参加し、重要文化財であり“現役”でもある牛舎を見学、牛の息づかいを間近に感じました。昼食では班ごとに美味しいジンギスカンの食卓を囲み、デザートに小岩井名物のソフトクリームもいただきました。

3日間を通して五感を総動員して、現地での見聞を広げ、普段の学校生活では学べないことをたくさん吸収することができました。この修学旅行での経験を今後の学院生活に活かしていってほしいです。

伝統芸能鑑賞(鹿踊り)

宮沢賢治童話村

 

 

 

 

 

 

スタディーツアー①(ねぷた)

スタディーツアー②(りんご)

 

 

 

 

 

 

スタディーツアー③(まち育て)

スタディーツアー④(こぎん刺し)

 

 

 

 

 

 

りんごのもぎ取り体験

小岩井農場

中1クラス企画 中1クラス企画

中1は、総合の時間を活用してクラスごとに企画したレクリエーションを実施しました。

まず、企画委員を募ったところ、4クラスとも立候補者が出、クラスごとに相談して1時間以内に終わるゲームを考えました。体育館を使ってのフルーツバスケットで活発に駆け回るクラス、委員が独自に用意した「先生クイズ」に興じるクラスやイントロクイズに挑戦するクラス、それに教室をフル活用してお化け屋敷を展開するクラス。どのクラスも限られた時間の中で、皆が楽しめるように工夫しました。

この催しは、クラスの親睦を深めたのは言うまでもなく、中心となった企画委員の成長にも繋がったのではないかと思います。

 

Aクラス:大きな体育館を使って、フルーツバスケットとイラストでの伝言ゲームを楽しみました。

Bクラス:昼休みを上手に使い、お化け屋敷を制作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cクラス:イントロクイズに挑戦している様子。最後は鬼ごっこを楽しみました。

Dクラス:生徒による「先生クイズ」。パワーポイントを使った企画になりました。

中2 校外学習 中2 校外学習

10月6日(木)に中2は上野へ校外学習に行きました。
当日は班ごとに分かれ、東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館の中から1か所、事前に選択した希望の見学先を訪れ、各館の見学を楽しみました。
あいにくの悪天候に加え、急な寒さに見舞われましたが、2時間の見学を無事に終え、午後は事前学習で調べたことや午前中の見学で学んだことを各自スライドにまとめました。
スライドは生徒同士で共有できるよう、後日校内に掲示する予定です。
スライドを作る機会が増えるごとにクオリティーも上がっており、年度末の探究チャレンジの発表に向けて期待が高まります。

中2 藤嶋昭先生講演会が行われました 中2 藤嶋昭先生講演会が行われました

中2生徒を対象に、藤嶋昭先生の講演会が行われました。

藤嶋先生は、東京理科大学の前学長で、東京大学特別栄誉教授と東京理科大学栄誉教授でいらっしゃいます。

 

講演会では、藤嶋先生が開発された「光触媒」技術のお話や、科学者たちの名言を紹介してくださいました。コップや鏡などの身近な道具を使った実験では、大きな歓声が上がっていました。

講演後はたくさんの生徒から質問の手が上がり、研究の楽しさや大変さ、中学生の時の過ごし方や進路選択などについても伺いました。

世界で活躍なさっている藤嶋先生からのお話を通して、生徒たちは理科の楽しさや奥深さを感じている様子でした。

 

講演会の様子は、藤嶋先生がゲスト出演されるBSテレビ東京の番組「居間からサイエンス」(10/10(月)22:00~22:55)で紹介される予定です。ぜひご覧ください。

高2 修学旅行事前学習 探究活動発表会 高2 修学旅行事前学習 探究活動発表会

修学旅行の事前学習1日目となる本日、高2は探究活動発表会を実施しました。「京都はなぜ観光地として発展したのか」「京都には景観を保全するためにどのような取り組みをしているのか」「なぜ修学旅行の行先として京都が多く選ばれるのか」「どうしたら舞妓さんになれるのか」など、生徒は修学旅行にまつわる様々なテーマを自分で設定し、これまで探究してきた成果を発表しました。発表者はそれぞれ、緊張しつつも堂々と話していました。発表後は「原稿がない方が堂々として見えた」「発表の要点を絞ったら話しやすかった」などの感想が上がり、発表者としても聞き手としても、生徒たちにとって種々多様な学びの機会を得た時間となりました。

それぞれ調べたテーマを熱心に説明していました。

ペンで書き入れながら説明する生徒もいました。

カテゴリー:未分類

中3東北修学旅行にむけて 中3東北修学旅行にむけて

中3は東北への修学旅行にむけて校内で事前学習プログラムを行いました。

1限 震災講話事前学習

2限 震災講話「東日本大震災を振り返る~未来のいのちを守るために~」

岩手県釜石市「いのちをつなぐ未来館」うのすまい・トモス オンライン講座

3限 「るるぶ」特別講座 表現力講座

 

 

 

 

 

 

 

最後は校長に出発の挨拶をして、特別プログラムは無事終了しました。

学んだことをそれぞれが胸の中で温めながら、元気に出かけてまいりたいと思います。

キャリアインタビュー分かち合い キャリアインタビュー分かち合い

 

中1は、総合の時間にキャリアインタビューの分かち合いを行いました。夏休み中、身近な大人に仕事に関するインタビューをした記録を持ち寄り、小グループに分かれて分かち合いました。発表を聴きながら、これまで知らなかった職業の存在を知り、また名前だけ知っていても具体的な仕事内容を知らなかった職業について知ることができ、幅広い職業に興味・関心を抱いたようでした。これをきっかけに、少しでも周りの社会や自分の将来に目を向けてくれればと考えています。

インタビューシート分かち合いの様子

 

 

 

 

 

 

掲示されたインタビューシート

16歳の仕事塾 16歳の仕事塾

中2は、総合的な学習の時間に中高生のキャリア教育支援をするNPO法人「16歳の仕事塾」より講師の方を5名お招きして講演会を行いました。講師の方の職業は管理栄養士・UCサロン システム開発・共同通信社 文化記者・公認会計士・保育士と多岐にわたり、生徒たちは興味のある分野のお話をうかがうことができました。お話の最後に、質問事項を付箋に書いて黒板にある紙に貼りに来てもらったところ、紙をはみ出すほどの質問が集まり、生徒の興味関心の深さが表れていました。