体育祭 体育祭

所沢市民体育館にて、体育祭が行われました。
どの学年も気合十分、絶えず声援が飛び交い、活気に満ちあふれていました。
体育祭の締めくくりは、光塩伝統のPX(パックスクリスティ)。生徒全員が心を合わせて、キリストの平和を祈りました。(高校生が人文字を作ります)

480m

480mリレー

tsunatori

綱取り

px

PX

 

 

 

 

 

対抗競技 1位:高等科2年 2位:高等科1年 3位:高等科3年

 

体育祭で生徒が特に力を入れているのは応援合戦。学年色を基調とした衣装、団幕などを自分たちで作り、オリジナルの歌詞とダンスで会場を魅了しました。

c1

中1(赤)

c2

中2(ピンク)

c3

中3(黄)

 

 

 

 

 

k1

高1(緑)

k2

高2(青)

k3

高3(白)

 

 

 

 

 

応援合戦 1位:高等科3年 2位:高等科2年 3位:高等科1年

7,8月 山荘生活 7,8月 山荘生活

中1の山荘生活の一番の目的は、自然に親しみながら心身を鍛えること。中四阿山への登山に挑戦しました。A班はほぼ全員が登頂し、B班は雨天のために途中で下山しましたが、登頂できなかったことを非常に残念がっていました。夜のキャンプファイヤーも室内での実施でしたが、山荘委員は上手に皆をリードし、楽しい思い出ができました。山荘生活の第二の目的の「団体生活を楽しむ」、第三の「友情を深める」も十分に達成できた3日間でした。

DSC00938DSC00905

 

 

 

 

 

 

 

中2は2泊3日でネイチャートレイルに参加しました。NPO法人 やまぼうし自然学校のインストラクターの方々から動植物に関する様々なお話をうかがいながら、菅平高原を散策しました。生徒たちにとってたくさんの新たな発見があったようです。夜のキャンプファイヤーでは班ごとに出し物を企画。参加者が楽しめるように工夫が凝らされており、昨年からの成長を感じました。

DSC00831DSC00856

 

 

 

 

 

 

 

高1は山荘生活の集大成として四阿山の山頂を目指します。互いに声を掛け励まし合い、多くの生徒が登頂することができました。険しい登山道を乗り越える中で、「自然の中での自己発見」という学年目標に対する意識が高まったようです。飯盒炊爨は、趣向を凝らしたメニューで、大満足の出来ばえでした。レクリエーションやキャンプファイヤーも山荘委員のリーダーシップのもと大いに盛り上がり、全てのプログラムを無事終えました。主体的・自律的に行動する姿はさすが高校生といえるものでした。

IMG_3494IMG_3549_9.33IMG_3668

Good Manners 週間 Good Manners 週間

6月中旬の一週間、生活委員会主催のGood Manners 週間が実施されました。すなわち、学校生活の中での身だしなみや挨拶をはじめGood Mannersを励行する週間です。今回のテーマは「元気にあいさつ」。生活委員会のメンバーが校門に立って登校してくる生徒に挨拶。朝終礼の放送で週間への意識を喚起します。各教室の前方の壁に「元気にあいさつ」の文字が掲げられ、廊下や階段には標語や切り絵・文字の装飾、昇降口にはビニールテープによる装飾が施されるなど、さまざまな工夫が凝らされました。生活委員会のメンバーが作った標語と写真のいくつかをご紹介します。

つないでく人と人とをあいさつで
挨拶で大きく広がる笑顔の輪
挨拶でみんなの笑顔の花が咲く
あいさつは心と心をつなぐ橋

 DSC00879 DSC00887DSC00893

 

 

 

中1・中2遠足 中1・中2遠足

中1:自然暮らし体験村 森と湖の楽園

爽やかな青空の下、中1は、河口湖にほど近い「自然暮らし体験村 森と湖の楽園」へと学校からバスで出かけました。現地に着いてから、班ごとに頭と身体を使ったゲームを行いました。生徒たちは班員同士協力し合い、助け合って課題をこなし、得点を重ねていきました。ゲームの後は、昼食。お待ちかねのお菓子の交換会が始まり、次々と友達の輪が広がっていきました。帰りのバスの中も元気におしゃべりをしたり、歌を歌ったりして楽しい一日を過ごしました。

DSC00381

「川渡り」全員渡れるかな?

DSC00398

一人も落とすな「満員電車」

 

 

 

 

 

 

DSC00393

皆で協力して「大脱走」

待ちに待ったお菓子の交換会!

待ちに待ったお菓子の交換会!

 

 

 

 

 

 

 

 

中2:さがみ湖プレジャーフォレスト

中2は、さがみ湖プレジャーフォレストへ出かけ、班ごとにビーフシチューとパンを作りました。炭火を使った調理をしたり、パンをこねたりとはじめてのことが多く、始めは苦戦していましたが、どの班も一人ひとりが協力し合って手際よく作業を進めていました。

昼食が終わると、班ごとに園内を散策。日差しあふれる青空のもと、生徒たちは元気いっぱいに遊び回り、中1のときよりもさらに友達の輪が広がったようです。

おいしいお昼の出来上がり!

おいしいお昼の出来上がり!

アタマとカラダを使う「ピカソのタマゴ」

アタマとカラダを使う「ピカソのタマゴ」

園内を散策

園内を散策

協力してパンをこねます

協力してパンをこねます

第46回光塩祭 第46回光塩祭

第46回光塩祭プログラム表紙 今年のテーマは、スペイン語で「はじまり」を意味する『Empezar』。高等科新校舎の入口には、高窓から射し込む光を受けて、ステンドグラス調に作り上げたシンボルマークが輝き、来校者の目を惹きつけていました。

 

光塩祭実行委員長(高等科3年A.O.)のテーマ発表の文より(抜粋)

光塩女子学院は1928年にスペインから来日した、メルセス宣教修道女会のマドレ・マルガリタによって設立されました。その高い志の源泉となったスペインのメルセス会は光塩にとっての「はじまり」であり、そのスペインに思いを馳せながら新たな希望を持って邁進していく、このテーマにはそのような意味が込められています。光塩では、8月に1号館新高等科校舎が完成しました。高窓から明るい陽射しが差し込んで、私たちの教室を暖かに照らしています。

ここに至るまでには多くの先人たちの新たな試みと数々の努力がありました。それらが積み重なって現在の光塩を形づくっているのです。このことを胸に刻み、これからも私たちは「世の光、地の塩」という光塩の精神を物事を始める際の礎や意欲の源として、前進していきます。

 

ポスターコンクール

第1位(生徒賞) 高等科1年 A.M. & K.T.

第1位
生徒賞
高等科1年  A.M. & K.T.

第2位 中等科3年 K.T. &A.S. &R.Y.

第2位
中等科3年 K.T. &A.S. &R.Y.

第3位 高等科2年 K.T. &M.S.

第3位
高等科2年 K.T. &M.S.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川柳大会

竹田光柳先生選

天位(1位) 中等科3年 A.S.「愛受けて新たなページ刻まれる」

地位(2位) 高等科3年 E.A.「ここからの一歩踏み出す新世界」

人位(3位) 中等科3年 M.K.「痛みたえやっと生まれたこの命」

 

川柳大会 投票による1位

高等科1年 K.A.「はじまりがもはや分からぬオタク道」

 

当日の様子 

各クラブや学年が協力をし、精一杯公演・発表・試合を行いました。

IMG_1938

IMG_1972

DSC00408 DSC00340  DSC00501 DSC00483 DSC00464

 

 

 

 

 

 

DSC00453

DSC00417

オリエンテーション オリエンテーション

中1のためのオリエンテーションが実施されました。このオリエンテーションは、中1が光塩生として学校生活を送る上でまず最初に心得ておいてほしいことをわかりやすく伝えていくものです。祈り・ミサ・瞑想について知る機会にもなります。クラスメイトとの交流を図る自己紹介ゲームやサインワークなどのワークショップも行いました。初めは緊張気味だった生徒も、ワークショップが終わる頃には打ち解けて、周囲の生徒と積極的に会話する様子が窺えました。

17orien

ミサ・始業式 ミサ・始業式

入学式の翌日、2017年度第1学期始業ミサと始業式が行われました。始業ミサでは、神父様が中1・高1に向けて、私たちは神から選ばれ、使命を与えられた存在であることを意識して、目標をもって生活していきましょうとお話しされました。始業式では、校長から学校目標の「光と塩」に基づく各学年の発達段階に沿った年度目標が掲げられました。また、人とのかかわり方についてのお話がありました。まもなく開催される「光塩祭」を前に、生徒たちは心新たに2017年度のスタートを切ろうと決意しているようでした。

入学式 入学式

2017年度入学式が行われました。新入生一人一人の氏名が読み上げられ、校長より入学許可宣言が出されました。その後、中等科、高等科各々の代表が入学に際しての宣誓を行い、高等科1年の代表が校名の由来である聖書のマタイ福音書5章13~16節を朗読しました。校長式辞では、私達は、すでに「光」として「塩」としてその存在が肯定されたかけがえのない存在なので、お互いを尊重し合い、じかにコミュニケーションをとることの大切さが強調されていました。

 

 

 

 

高等科卒業式・中等科卒業証書授与式 高等科卒業式・中等科卒業証書授与式

【第83回高等科卒業式】

穏やかな春の日、第83回高等科卒業式が催行され、校長から一人一人に卒業証書が手渡されました。卒業証書授与の後、3ヶ年皆勤者と3ヶ年精勤者への賞状授与と皆・精勤者の保護者への花束贈呈がありました。校長式辞では、この学年の勤勉さと粘り強さ、そして他者への心遣いが称えられました。来賓祝辞・在校生総代送辞に続いて行われた卒業生総代答辞では、高校生活3年間を通して気づいたことや学んだこと、将来への抱負等、あふれる思いが述べられ、さらにしようかすまいか迷ったことは失敗を恐れずに挑戦してほしいとの後輩へのメッセージがありました。答辞の後、クリスマス会で金賞を受賞した曲を卒業生が心を合わせて合唱し、式場を感動の渦に引き入れました。

 

【ミサ・終業式・中等科卒業証書授与式】

今年度最後のミサは、中等科を巣立つ中三の生徒たちのためにささげられました。ミサの中で読まれたのは、ヨハネ福音書第15章12節~17節。「互いに愛し合いなさい」とは具体的にはどうすることか神父様からお話がありました。その中で神父様は、「愛する」こととは、たとえ困難があっても常に相手のそばにいてあげることだと話されました。終業式では、校長から現代社会のグローバル化と不寛容さへの指摘があり、光と塩の生き方は、考え方が異なっても互いの良さを認め合い、多様性の一致をめざすこととのお話がありました。

終業式後の中等科卒業証書授与式には平日にもかかわらず、多くの保護者が出席されました。義務教育の修了という大きな節目を迎えた中等科卒業生たちは、笑顔で校長から卒業証書を受け取りました。卒業式を終えて、生徒たちが3年間の感謝の気持ちを教員に伝えていたのが印象的でした。高校生になっても、この気持ちを忘れず、さらに素敵な女性に成長してほしいと思います。

【2016年度3学期表彰者】

青少年読書感想文全国コンクール
中学校の部 サントリー奨励賞:中1 A.K.さん

東京都読書感想文コンクール
都入賞:中1 A.K.さん

全国書写書道伝統文化大会の平成28年度学生書き初め展覧会
全日本書写書道教育研究会長賞自由課題:中1 S.S.さん

杉並区学校文化栄誉賞
手紙作文コンクール はがき作文部門 金賞:中1 S.H.さん
全国書写書道総合大会 全国学生書写書道展 中央審査委員会賞:中1 S.S.さん

国民文化祭・あいち2016
「川柳の祭典」事前投句 入選:高2 M.E.さん、K.S.さん、M.S.さん

朝日新聞社 新聞スクラップ奨励賞
中3 Y.M.さん、M.N.さん、Y.F.さん、J.I.さん、S.T.さん、H.H.さん

校内体育科主催 腹筋記録会
最優秀賞:高2 H.A.さん、S.A.さん、S.S.さん、R.T.さん、A.T.さん、C.N.さん、A.H.さん、
K.Y.さん、Y.Y.さん、M.E.さん、M.S.さん、H.J.さん、Y.H.さん、Y.M.さん、A.Y.さん、
H.I.さん、A.O.さん、Y.K.さん、N.K.さん、S.F.さん、M.M.さん、R.M.さん

校内生徒理科研究発表会
化学部 高2 A.N.さん、Y.A.さん、Y.M.さん、S.K.さん、Y.F.さん
高1 A.I.さん、A.K.さん、A.S.さん、R.M.さん
中3 A.M.さん、Y.K.さん、Y.T.さん
中3 M.B.さん、S.M.さん、H.N.さん
生物部 中2 M.M.さん、Y.F.さん、H.N.さん、A.I.さん、A.O.さん、C.T.さん

高等学校女子バスケットボール杉並大会
優秀選手賞:高2 M.E.さん

高等科卒業式

高等科卒業式

中等科卒業ミサ

中等科卒業ミサ

中等科卒業証書授与式

中等科卒業証書授与式

高等科送別ミサ・送別会 高等科送別ミサ・送別会

高等科送別ミサでは校名の由来であるマタイ福音書第5章13節~16節が読まれ、神父様から世の光としてどのように生きるべきかについてのお話がありました。光が輝くのは周囲を照らすためであって光自身のためではないという神父様のメッセージを、生徒たちは心に深く刻んでいました。

高2の生徒達が中心になって企画した送別会。高1は心温まる3曲の歌を高3に贈りました。高2の劇は、武士の主人公がタイムスリップして光塩女子学院での学校生活をエンジョイするというユニークな内容でした。楽しいパフォーマンスの数々に、会場は笑いに包まれました。スライドも巧みに構成されており、高3の生徒たちは懐かしい映像に歓声を上げていました。高2・高1から高3への感謝の気持ちは確実に伝わったようです。

送別会での高2による劇

高等科送別ミサ

送別会での高2による劇

送別会での高2による劇