2017年度 English Fun Camp ・ Empowerment Program 2017年度 English Fun Camp ・ Empowerment Program

 今日から多くの学校で3学期が始まりました。光塩では一足早く、年明け早々の3日間、希望者対象に校内英語キャンプ(中学生はEnglish Fun Camp、高校生はEmpowerment Program)を実施しました。3日間英語漬けのプログラムで、友達や海外の大学生、講師の方と英語でコミュニケーションを取り、楽しく有意義な時間を過ごしました。

Empowerment Program

Empowerment Program

English Fun Camp

English Fun Camp

 

12月 クリスマス会 12月 クリスマス会

恒例の校内クリスマス会が開催され、第一部の合唱コンクールでは中1から高3までの各学年が、音楽の授業で練習してきた合唱曲を披露しました。第二部では、中3生徒による、「『わたしたちの地球のための祈り』~飢餓・気候変動から考える~」をテーマにした研究発表がありました。世界で起きているフード・ロス問題や地球温暖化による異常気候についてスライドや映像を用いてわかりやすくまとめており、生徒たちは発表を興味深く聴いていました。

合唱コンクール 曲名と結果

中等科1年 「夕なぎの海」
中等科2年 「ガラスの瞳」
中等科3年 「桜の花びらのように」
高等科1年 「二十億光年の孤独」 銀賞
高等科2年 「君が君に歌う歌」  銅賞
高等科3年 「はじまり」     金賞

指揮者賞 高1 M.S.さん
伴奏者賞 高3 M.Y.さん

金賞学年(高3)によるアンコールのクリスマスメドレー

高3によるアンコールのクリスマスメドレー

中3発表の中の寸劇

中3発表の中の寸劇

親睦会 親睦会

今年度の親睦会は台風接近により雨天の中での開催となりましたが、多くのお客様をお迎えして大盛況の賑わいでした。「海」と「森」をテーマに、入口の装飾は吹き抜けのスペースを巧みに利用したユニークなものでした。保護者の手作りバックやお菓子、生徒手作りのぬいぐるみやこけしは人気が高く、中には午前中に売り切れたものもあります。生徒たちは、お客様のために精一杯働いた一日でした。

 

雨のため室内での開催です

雨のため室内での開催です

入口では船のオブジェがお出迎え

入口では船のオブジェがお出迎え

今年の装飾のテーマは海

今年の装飾のテーマは「海」と「森」

高2学年コーナーのテディー・ベア

高2学年コーナーのテディー・ベア

がらくた市も大盛況

がらくた市も大盛況

カラフルなヨーヨーつり

カラフルなヨーヨーつり

 

修学旅行 修学旅行

[高2の旅]

高等科2年生は、奈良・京都へ。奈良では、法隆寺や薬師寺といった古のお寺を見学し、法話をうかがいました。生徒たちは、奈良時代というはるか昔に造られた建物や仏像が、人々の努力によって今も多く残っていることに、深い感動をおぼえたようです。とくに興福寺では、日本史の授業で学習した、仏頭の実物が間近で見られ、多くの生徒が見入っていました。京都では、浄瑠璃寺や宇治平等院、龍安寺などのお寺を訪れ、また、班別自主研修では、自分たちで考えた見学プランで京都を巡り、予定通りにいかないことも含めて、よい経験ができました。

4泊5日を仲間と一緒に過ごし、数々の思い出を作るとともに、学年としての絆を深める旅行となりました。

最初の見学地、浄瑠璃寺

最初の見学地、浄瑠璃寺

法隆寺の南大門を通る

法隆寺の南大門を通る

 

 

 

 

 

 

 

奈良公園・二月堂からのすばらしい眺め

奈良公園・二月堂からのすばらしい眺め

薬師寺の金堂を見学中

薬師寺の金堂を見学中

 

 

 

 

 

 

 

 

[中3の旅]

中等科3年生は、3泊4日で岩手・秋田・青森の東北3県を巡りました。

前半は”勉強の秋”を体現する旅。世界遺産の中尊寺や毛越寺、三内丸山遺跡では歴史を肌で感じながら、宮沢賢治や石川啄木の記念館では国語で学習した内容を思い返しながら、熱心に見学していました。また、東日本大震災の講話では、被災当時の様子や復興についてのお話に皆、真剣に耳を傾けていました。旅の後半はリンゴのもぎ取り体験、奥入瀬渓流・睡蓮沼散策、小岩井農場訪問など、東北の豊かな自然を楽しみました。普段の学校生活では学べないことをたくさん吸収し、大きく成長することのできた4日間でした。

三内丸山遺跡にて

三内丸山遺跡にて

毛越寺にて

毛越寺にて

奥入瀬渓流の散策

奥入瀬渓流の散策

リンゴのもぎ取り体験

リンゴのもぎ取り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体育祭 体育祭

所沢市民体育館にて、体育祭が行われました。
どの学年も気合十分、絶えず声援が飛び交い、活気に満ちあふれていました。
体育祭の締めくくりは、光塩伝統のPX(パックスクリスティ)。生徒全員が心を合わせて、キリストの平和を祈りました。(高校生が人文字を作ります)

480m

480mリレー

tsunatori

綱取り

px

PX

 

 

 

 

 

対抗競技 1位:高等科2年 2位:高等科1年 3位:高等科3年

 

体育祭で生徒が特に力を入れているのは応援合戦。学年色を基調とした衣装、団幕などを自分たちで作り、オリジナルの歌詞とダンスで会場を魅了しました。

c1

中1(赤)

c2

中2(ピンク)

c3

中3(黄)

 

 

 

 

 

k1

高1(緑)

k2

高2(青)

k3

高3(白)

 

 

 

 

 

応援合戦 1位:高等科3年 2位:高等科2年 3位:高等科1年

7,8月 山荘生活 7,8月 山荘生活

中1の山荘生活の一番の目的は、自然に親しみながら心身を鍛えること。中四阿山への登山に挑戦しました。A班はほぼ全員が登頂し、B班は雨天のために途中で下山しましたが、登頂できなかったことを非常に残念がっていました。夜のキャンプファイヤーも室内での実施でしたが、山荘委員は上手に皆をリードし、楽しい思い出ができました。山荘生活の第二の目的の「団体生活を楽しむ」、第三の「友情を深める」も十分に達成できた3日間でした。

DSC00938DSC00905

 

 

 

 

 

 

 

中2は2泊3日でネイチャートレイルに参加しました。NPO法人 やまぼうし自然学校のインストラクターの方々から動植物に関する様々なお話をうかがいながら、菅平高原を散策しました。生徒たちにとってたくさんの新たな発見があったようです。夜のキャンプファイヤーでは班ごとに出し物を企画。参加者が楽しめるように工夫が凝らされており、昨年からの成長を感じました。

DSC00831DSC00856

 

 

 

 

 

 

 

高1は山荘生活の集大成として四阿山の山頂を目指します。互いに声を掛け励まし合い、多くの生徒が登頂することができました。険しい登山道を乗り越える中で、「自然の中での自己発見」という学年目標に対する意識が高まったようです。飯盒炊爨は、趣向を凝らしたメニューで、大満足の出来ばえでした。レクリエーションやキャンプファイヤーも山荘委員のリーダーシップのもと大いに盛り上がり、全てのプログラムを無事終えました。主体的・自律的に行動する姿はさすが高校生といえるものでした。

IMG_3494IMG_3549_9.33IMG_3668

Good Manners 週間 Good Manners 週間

6月中旬の一週間、生活委員会主催のGood Manners 週間が実施されました。すなわち、学校生活の中での身だしなみや挨拶をはじめGood Mannersを励行する週間です。今回のテーマは「元気にあいさつ」。生活委員会のメンバーが校門に立って登校してくる生徒に挨拶。朝終礼の放送で週間への意識を喚起します。各教室の前方の壁に「元気にあいさつ」の文字が掲げられ、廊下や階段には標語や切り絵・文字の装飾、昇降口にはビニールテープによる装飾が施されるなど、さまざまな工夫が凝らされました。生活委員会のメンバーが作った標語と写真のいくつかをご紹介します。

つないでく人と人とをあいさつで
挨拶で大きく広がる笑顔の輪
挨拶でみんなの笑顔の花が咲く
あいさつは心と心をつなぐ橋

 DSC00879 DSC00887DSC00893

 

 

 

中1・中2遠足 中1・中2遠足

中1:自然暮らし体験村 森と湖の楽園

爽やかな青空の下、中1は、河口湖にほど近い「自然暮らし体験村 森と湖の楽園」へと学校からバスで出かけました。現地に着いてから、班ごとに頭と身体を使ったゲームを行いました。生徒たちは班員同士協力し合い、助け合って課題をこなし、得点を重ねていきました。ゲームの後は、昼食。お待ちかねのお菓子の交換会が始まり、次々と友達の輪が広がっていきました。帰りのバスの中も元気におしゃべりをしたり、歌を歌ったりして楽しい一日を過ごしました。

DSC00381

「川渡り」全員渡れるかな?

DSC00398

一人も落とすな「満員電車」

 

 

 

 

 

 

DSC00393

皆で協力して「大脱走」

待ちに待ったお菓子の交換会!

待ちに待ったお菓子の交換会!

 

 

 

 

 

 

 

 

中2:さがみ湖プレジャーフォレスト

中2は、さがみ湖プレジャーフォレストへ出かけ、班ごとにビーフシチューとパンを作りました。炭火を使った調理をしたり、パンをこねたりとはじめてのことが多く、始めは苦戦していましたが、どの班も一人ひとりが協力し合って手際よく作業を進めていました。

昼食が終わると、班ごとに園内を散策。日差しあふれる青空のもと、生徒たちは元気いっぱいに遊び回り、中1のときよりもさらに友達の輪が広がったようです。

おいしいお昼の出来上がり!

おいしいお昼の出来上がり!

アタマとカラダを使う「ピカソのタマゴ」

アタマとカラダを使う「ピカソのタマゴ」

園内を散策

園内を散策

協力してパンをこねます

協力してパンをこねます

第46回光塩祭 第46回光塩祭

第46回光塩祭プログラム表紙 今年のテーマは、スペイン語で「はじまり」を意味する『Empezar』。高等科新校舎の入口には、高窓から射し込む光を受けて、ステンドグラス調に作り上げたシンボルマークが輝き、来校者の目を惹きつけていました。

 

光塩祭実行委員長(高等科3年A.O.)のテーマ発表の文より(抜粋)

光塩女子学院は1928年にスペインから来日した、メルセス宣教修道女会のマドレ・マルガリタによって設立されました。その高い志の源泉となったスペインのメルセス会は光塩にとっての「はじまり」であり、そのスペインに思いを馳せながら新たな希望を持って邁進していく、このテーマにはそのような意味が込められています。光塩では、8月に1号館新高等科校舎が完成しました。高窓から明るい陽射しが差し込んで、私たちの教室を暖かに照らしています。

ここに至るまでには多くの先人たちの新たな試みと数々の努力がありました。それらが積み重なって現在の光塩を形づくっているのです。このことを胸に刻み、これからも私たちは「世の光、地の塩」という光塩の精神を物事を始める際の礎や意欲の源として、前進していきます。

 

ポスターコンクール

第1位(生徒賞) 高等科1年 A.M. & K.T.

第1位
生徒賞
高等科1年  A.M. & K.T.

第2位 中等科3年 K.T. &A.S. &R.Y.

第2位
中等科3年 K.T. &A.S. &R.Y.

第3位 高等科2年 K.T. &M.S.

第3位
高等科2年 K.T. &M.S.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川柳大会

竹田光柳先生選

天位(1位) 中等科3年 A.S.「愛受けて新たなページ刻まれる」

地位(2位) 高等科3年 E.A.「ここからの一歩踏み出す新世界」

人位(3位) 中等科3年 M.K.「痛みたえやっと生まれたこの命」

 

川柳大会 投票による1位

高等科1年 K.A.「はじまりがもはや分からぬオタク道」

 

当日の様子 

各クラブや学年が協力をし、精一杯公演・発表・試合を行いました。

IMG_1938

IMG_1972

DSC00408 DSC00340  DSC00501 DSC00483 DSC00464

 

 

 

 

 

 

DSC00453

DSC00417

オリエンテーション オリエンテーション

中1のためのオリエンテーションが実施されました。このオリエンテーションは、中1が光塩生として学校生活を送る上でまず最初に心得ておいてほしいことをわかりやすく伝えていくものです。祈り・ミサ・瞑想について知る機会にもなります。クラスメイトとの交流を図る自己紹介ゲームやサインワークなどのワークショップも行いました。初めは緊張気味だった生徒も、ワークショップが終わる頃には打ち解けて、周囲の生徒と積極的に会話する様子が窺えました。

17orien